top of page
検索
  • 執筆者の写真Kyohei

「サッカーのある日常」プロジェクト

更新日:2022年10月10日

ボールのある風景を集めたフォトギャラリー「サッカーのある日常」の作成を開始しました。


「難民キャンプ」「紛争」「貧困」「発展途上国」などの状況は、私達の生活との「違い」に多くの目が向けられます。

そして、その「違い」を「援助」の対象として捉えたり、「自分事」や「共感」として向き合う事が求められたりもします。


でも、実際の活動の中で出会う彼らは自分達と何も変わらない、という事もまた事実です。

ちょっとした事で喧嘩になったと思ったら、下らない事で笑い合う。


多くの「違い」の中にある本質的な「共通点」。


「サッカーのある日常」プロジェクトはそんな自分達にとっての「非日常」の中にある、自分達と同じ「日常」に惹かれて始まりました。


「自分事」や「共感」という言葉とも違う、「あっ、自分と同じなんだ」みたいなどこか温もりのある感覚の繋がり。


そんな柔らかい想いの連鎖で世界は繋がっていくんじゃないかな、と勝手に思っています。


皆さんの投稿お待ちしています!

最新記事

すべて表示

日本人と日本

海外で活動していると日本人は「親切」「思いやりがある」とよく言われます。 外国人の日本人に対するイメージ調査でも「親切」は上位に挙げられている事が多いです。 しかし、個としての日本人のイメージとは違い、国としての日本は「寛容さ」が非常に低く評価されています。(World Happiness Report 2022: https://worldhappiness.report/) このレポートが全て

声なき声

先日、サッカーが好きだけどサッカーを辞めようと考えている子供の話を聞きました。 日本のサッカー人口は小・中学生は共に20万人以上いるのに対し高校生では16万人まで減少し、40歳以上では4万人まで減ってしまいます。 一方、ドイツでは小学生年代の2倍以上の大人がサッカーを楽しんでいます。 この差はどこから生まれるのでしょうか? 勿論、サッカーから離れる理由は様々ですが、成功を収めた一握りの人たちの陰で

サッカーの原風景

自分が海外で出会い、いいなって感じるサッカーの風景はいつも同じです。 それは、ちょっとした空き地や路地で子供も大人も一緒になってボールを追いかけている所。 今の日本にもあったらいいな、っていう思いが混じっているからだと思います。 日本ではサッカーはチームに入らないと出来ない環境になってしまっています。 公園でボールが蹴れないのは当たり前になってしまい、自分のチームのメンバー以外と年齢や学校の垣根を

記事: Blog2_Post
bottom of page